FC2ブログ

久々のガラス切り

お客様より置き時計の修理依頼です。
2018年6月の大阪府北部地震で大切にされていた置き時計が落ちて
ガラスが割れ時計も止まってしまつたそうです。



まずは割れたガラスと同じ大きさのガラスを作ります。
ガラス屋さんに頼んでも良かったのですが、
当店にあるガラスの在庫から切り出して作ることにしました。
ガラスカッターで板ガラスを切っていきます。
最近はガラスを切るような仕事もないので久しぶりの作業です。
写真のガラスカッターは私が近江時計眼鏡宝飾専門学校に通っていた時の工具です。
約25年前の工具。もちろん今でも使えます。
直線切りなら久しぶりでも大丈夫です。
P_20180831_161131_vHDR_On.jpg


ここからが難しい。
丸くカットして少しずつプライヤー(ペンチのような挟む工具)で欠いていきます。
焦ったり、欲張って多めに欠いてやろうとすると、割れます・・・・・・・
慎重に、けど時には大胆に。
その繰り返しで丸くカットしていきます。
P_20180831_163631_vHDR_On.jpg


砥石で縁を整えます。
もう少しで仕上げたい大きさに近づいてきました。
P_20180831_163903_vHDR_On.jpg

ここまで来ればもう一息。
縁をさらに仕上げて出来上がりです。
P_20180831_163617_vHDR_On.jpg


きれいに収まりました。
P_20180831_170638_vHDR_On.jpg


ムーブメント交換も出来上がりました。
内部に S61.9.30 と印がありましたので、
おそらく昭和61年9月に一度修理をされている時計と推測できます。
と言う事はこの時計、だいぶ前の時計ですね。
お客様にとって大切な時計なんでしょうね。
P_20180831_170704_vHDR_On.jpg

時計・ジュエリー・メガネ
杉岡時計店
大阪府高槻市紺屋町1-1 グリーンプラザ1号館1階
電話 072-685-0875
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント